膣を開発することがなぜ重要なのか?

膣を開発することがなぜ重要なのか?

 

北条麻妃が教える「膣開発法」は大ヒット教材になっていますが・・・

 

そもそも、なぜ『膣の開発』が重要なことなのでしょうか?

 

 

全身が性感帯

 

女性は、おっぱいや性器に限らず「全身が性感帯」といわれるほど
あらゆる場所への刺激や愛撫で快感を感じることができます。

 

我々男性からすると、羨ましいことでもありますよね。

 

ただ、全身が性感帯であるという女性でさえ
セックスの際の最高の快感は、やはり男性のペニスのピストン運動で
膣内を刺激されて達するオーガズム、つまり「中イキ」であることは間違いありません。

 

そして、中イキの快感こそが女性にとって「本当のオーガズム」だと呼べるものです。

 

中イキ

 

これは、中イキ経験のあるどんな女性にインタビューしても
「中イキの快感だけは、他の性感帯で得られるオーガズムとは
比べ物にならない」というのは事実のようです。

 

もちろん、膣内の刺激に限ることなく女性をイカせることは可能です。

 

代表的なものがクリトリスの刺激でイカせる方法で、
多くの女性はクリ刺激による快感にはなじみもあるし、安心感もあるので
クリ刺激によるオーガズムには比較的簡単に達する事が出来ます。

 

おそらく、あなたもクリトリスでパートナーに
「イクっっっっ!」って言わせた経験はあるはずですよね。

 

ただ、ここで「オレは女性をいつもイカせている」なんて満足しているのは大きな勘違いで
実は、セックス経験がまったくない処女であっても
クリトリスオナニーでイっている女性は少なくないのです。

 

つまり、クリトリスでのオーガズムは
それほどお手軽なものであり、女性にとってはなじみがある分だけ平凡な快感でもあるわけです。

 

オナニーイキ

 

せっかくセックスのパートナーとして自分という男が存在しているのに、
いつも味あわせている快感が、そんな「お気軽レベル」だとしたら…

 

相手女性にしてみたら、
「この人のセックスとオナニーの快感は同じレベル」と脳に認識してしまうわけです。
これ、かなり男としてのプライドに傷がつきますよね。

 

 

膣内オーガズム(中イキ)の快感は別世界。

 

膣内オーガズム>

 

女性の性的な快感、オーガズムには「深度」というものがあります。

 

まあ、これは男性にも多少はあるものなんですけれど。

 

例えば、男性がオナニーで手っ取り早く発射したい…と考えているような場合、
あっという間に絶頂に達して果てることは出来るのですが、

 

その時の快感って、すごく薄っぺらい印象の気持ちよさじゃないですか?

 

逆に、オナニーであれ、セックスであれ、
まだイッちゃダメだ、ダメだ…と我慢して、ペニスへの快感を味わっていると
頭の芯がジーンと痺れるような、なんとも言えない気持ちよさに浸れる時がありますよね。

 

そんな時は、発射の瞬間の快感度も高いですし、
心なしか、射精している時間も長いような気がします。
(わずか、0.0何秒という世界なんでしょうけれど)

 

女性のオーガズムにもこうした「深さ」の違いがあり、
特に「中イキ」の快感は、我々男にとっては想像の域を超えたものだといいます。

 

パートナーとのセックス

 

どうやって、何を根拠に測定したのかはわかりませんが、
ある研究者の発表によると、女性の膣内オーガズムの快感は、男性の射精の快感の200倍以上だというのです。

 

もう、こうなると訳が分かりませんが、
200倍の快感って言われるだけで頭がおかしくなっちゃいそうですよね。

 

男女間でこんなに快感の違いがあるのは「不公平だ!」って言いたくなっちゃいますが、
これはやはり、女性には「出産」という苦しい場面があるからなんですよね。

 

鼻の穴からスイカを出すような痛み、といわれる出産の苦しみ。
もし、その苦行だけがあるとしたら、女性は出産を一切望まないでしょうし、
妊娠につながるセックスはしなくなってしまいます。

 

出産の苦しみがあってさえもセックスしたくなる…
そのために、想像を絶するような快感を神様が女性にプレゼントしたんでしょうね。

 

オーガズムグラフ

 

しかも、女性の中イキの持続時間は非常に長いものです。
数十秒から数分、中には、数日間その快感を引きづるという女性さえいるんです。

 

男の射精の快感なんて、コンマ数秒のもの。
女性であってもクリトリスオナニーの快感なら、数秒程度ですっと引いていくといいます。

 

それなのに、
男の200倍の快感が数十秒も続く「中イキ」って…本当にすごいことですよね。

 

中イキした後の女性が、しばらくの間ひくひくしたまま動けなくなっているのは当然のことといえます。

 

ただ…本当の中イキを体験できている女性はごく限られています。
つまり、パートナーのセックスが未熟であるために、
ほとんどの女性は、神様が与えてくれた最高のプレゼントを受け取ることなく生きています。

 

シーツをつかむ女性>

 

では、もし、あなただけがパートナー女性に
最高のプレゼントを受け取るカギをを渡してあげることができるとしたら…

 

これまで体験したことのないような、超絶のオーガイズムを体感させてあげることができたとしたら…

 

女性がどれだけあなたに夢中になり、あなたとのセックスに依存するか、想像することは難しくないですよね。

 

膣内オーガズムには右脳の活性化が重要

 

シャワー

 

人間の脳には「右脳」と「左脳」があることはご存知だと思います。

 

一般的に「右脳」が感情をつかさどり「左脳」が理論的な考えを支配しているといわれます。

 

大雑把にいうと、男性は理論的な「左脳」派であり、
女性は感情に左右される「右脳」派でといわれていますよね。

 

でも、女性だって理論的に考えることが全くないわけではありません。

 

特にセックスなどの性的な行為に対しては理論的な左脳がかなり働きます。

 

これを心理学的に「ケルベロス」と呼んだりしますが、
簡単に行ってしまえば「理性の壁」が存在していることになります。

 

理性

 

この「理性の壁」が、

・「男性と簡単にセックスしてはいけない」
・「この人は単なる男友達だから、セックスしてはいけない」
・「セックスしても簡単に感じてはいけない」
・「セックスで乱れるのは恥ずかしいこと」

といった、抑制的な考えや行動を引き起こしているんですね。

 

だからセックスの最中、例えオーガズムに達しそうになっても
女性自身がそれ以上興奮しないように感情のブレーキをかけてしまうこと、多いですよね。

 

イキそうになると「ちょ、ちょっと待って!」ってストップをかける女性、いますよね?

 

セックスの前、セックスの最中、
実は、女性はとてもクールな「理性の壁」を持ちつつ男性の行動や言動を見張っているんです。

 

でも、そんな冷静なコントロールのもとにあっては
理性がぶっ飛ぶような「中イキ」の快感に達することは不可能。

 

だからもっとも必要なことは、
理性の壁を突き破り、性的欲求のブレーキをぶっ壊すことです。

 

クンニ

 

男性の場合、普段は理論的な左脳派なのにもかかわらず、
ちょっと女性の裸を見ただけで簡単に左脳のはたらきが低下して、
あっという間にエッチな感情に支配された右脳派に変身できます。

 

しかし、女性は男性のペニスを見たからといってそれだけで興奮することはあれませんし、
理論的な左脳の働きが鈍ることもありません。

 

では、どうするか・・・?

 

大切なことは、
セックスが始まる前から左脳のはたらきを鈍らせる「仕掛け」をしておくこと。

 

左脳のはたらきを低下させる仕掛けをしてからセックスに持ち込めば
女性の左脳はどんどんと働きが鈍くなり、理性の壁が壊れたリミッター外しの状態になります。

 

つまり、男性の脳と同じように卑猥な欲望で頭が満たされ、
快感を積極的に受け入れようとする淫乱状態になります。

 

横たわる女性

 

この状態に持ち込むことさえ出来れば、
膣内オーガズム、中イキに達することは難しいことではありません。

 

実は「北条麻妃の膣開発法」の中には、
この「セックス前に左脳を鈍らせる仕掛け」の方法がしっかりと解説されているんです。

 

そして、私の知る限り、この点に着目した教材は今のところ他にはありません。

 

「セックス前に左脳を鈍らせる仕掛け」とは?

 

 AV女優 北条麻妃が教える膣開発法

 

 

では、具体的な膣開発の方法とは?

 

膣開発の方法

 

もちろん、女性の中イキを実現するためには事前の仕掛けだけでなく、
膣内の快感そのものを開発する必要があります。

 

ここで多くの男性たちが誤解しているのは
「何度もセックスして、経験を積めば膣も開発されるんじゃないの?」
と考えていること。

 

確かに、ほとんどセックスの経験がない女性であれば
セックスの経験を積むことで多少は快感そのものが開発されていくということはあるでしょう。

 

これは開発、というよりは「馴れ」の問題かもしれませんが。

 

でも膣の快感は、ただセックスの回数を重ねていれば開発されていくというものではありません。
何度もセックスしていれば、自然に膣開発されて「中イキ」できるカラダになるなんていうことはありません。

 

やたらと手マンや指マンで膣内を刺激したからといって開発されるものでもありません。
それなら、もっと多くの女性が中イキの絶頂を味わっているはずですからね。

 

あくまでも膣の開発のためには正しい手順が必要であり、
その手順を知らない限り、膣内でのオーガズムに達する体にしてあげることは出来ないのです。

 

その正しい手順を示した数少ない教材が「北条麻妃の膣開発法」です。

 

 AV女優 北条麻妃が教える膣開発法

 

この教材を見た方の感想で多いのが
「正しい膣開発の方法は、想像していたのと全然違った」というものなんですが・・・

 

あなたはどうでしょうか。

 

 

【最後に】

 

・世の中には、本当に膣イキの快感を知っている女性は少ない。
・そして、膣を開発する正しい方法を知っている男性もほとんどいない。

 

つまり、中イキを知らない女性にとって
膣開発の方法を知っている男性は、特別な存在となります。

 

信頼のパートナー

 

あなたが若者であれ、中高年であれ、
そして、相手が経験の少ない女性であれ、熟女・人妻であれ、
膣開発の方法を知っていれば、女性にとって依存すべき対象となります。

 

ひょっとすると、現在のパートナーとのセックスに不満を抱いている女性なら、
セックスの力で自分のものにすることだって可能かもしれません。

 

・・・パートナーとのセックスに不満を持つ女性の47%が、
他の男性とセックスしてしまっている、というデータもありますから。

 

逆に言えば、あなたのパートナー女性も
あなたとのセックスに不満があれば、他の男に抱かれてしまう危険が大いにあるということです。

 

「膣開発」は、年齢や経験レベルに関係なく男にとって一生モノのスキルとなります。

 

その方法をもっとも効率的に身に付けるであれば
「北条麻妃の膣開発法」は、手に入れて後悔しない教材だといえます。

 

 

 

 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

特典内容とお受取り方法

 

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式販売サイトへ

 

「北条麻妃の秘密のテクニックの全てを知る