膣内性感「Gスポット」の場所と開発方法

Gスポットを攻める

 

女性の膣内には男性には想像できないほどの快感を与える性感帯
「Gスポット」という場所が存在します。

 

この場所が「膣イキ(中イキ)」ができるかどうかを左右する重要な性感帯になります。
Gスポットを開発しないで膣イキすることは不可能に近いと思いますので開発して攻略しましょう。

 

【Gスポットとは?】

 

実はGスポットはクリトリスに比べて感じる場所ではありません。
というのは膣内は身体の外側に位置する性感帯のクリトリスと比較すると鈍感なのです。

 

その膣内にあるGスポットも最初はやはり鈍感なのですが、
開発すると最上級の快感を体験できる膣内性感帯なのです。

 

初めてのセックスで偶然にGスポットに指やペニスが触れたとしても
特に気持ち良いと感じることはないのです。

 

【Gスポットの場所は?】

Gスポットの場所

 

Gスポットの場所は女性によって個人差があり違うので絶対ここだ!とは言えません。
だからといって膣内に指を挿入して感じる場所を探そうとかき回すのは止めましょう。

 

Gスポット位置は恥骨の裏側あたり、
膣口から4cm〜5cmほど入った膣の前壁(腹部側)に位置します。

 

指で触れた感触は女性によってザラザラしている人もいればツルツルしてる人もいるようです。
また個人差により左右にずれていたり、もっと奥になる人もいます。

 

ここがGスポットかな?という場所を指先で圧迫するように押して、
女性が尿意を感じてきたらその場所になります。

 

指で触れた際に女性が違和感を感じたり、
気持ち良いかもと感じる場所があったら伝えてもらうと見つけやすいと思います。
1回場所が解ってしまえば、Gスポットの位置が移動するこはないので焦らずに根気強く探しましょう。

 

【Gスポットの見つけ方】

 

女性を仰向けに寝かせた状態で、男性は手のひらを上にして
人差し指と中指の2本(ジャンケンのチョキを閉じた状態)を挿入します。

 

ゆっくり根元まで挿入したら第二関節を恥骨方向に折り曲げて、
指の腹部分で膣壁に押し当てたその場所がGスポットになります。

 

指の長さやGスポットの位置は個人差があるので
膣内からクリトリスの根元あたりの場所を目安にしてもいいと思います。

 

【Gスポットの開発方法】

 

いきなり膣に指を挿入するなんてことは止めましょう。

 

先ずはマッサージや優しい愛撫などで女性をリラックスさせ
て副交感神経の活動レベルを上昇させます。

 

そうすることにより女性は興奮した状態になり、
セックスでの快感を迎える準備ができて膣内も愛液で潤います。

 

指を挿入

 

準備ができたらいよいよ指を挿入します。
ペニスで挿入した際のピストン運動ではなく、
Gスポットに指の腹部分で圧迫するように押してみます。

 

この時に強く押しつけたり擦ったりして、強い刺激を与える必要はありません。
優しくリズミカルにトントンとGスポットをマッサージするイメージで刺激しましょう。

 

開発している段階で少しずつ指の動きを早くしていくのですが、
体質によっては潮吹きをする女性もいます。

 

最初の頃は強弱をつけて押すのではなく一定の間隔で押して、
ある程度の回数を重ねたらスピードや押す力の強弱をつけてみましょう。

 

このGスポットの刺激の仕方はペニスを挿入した時も同じで、
ピストン運動でGスポットから1回離して突くのではなく、
Gスポットに触れている状態から押し当てるイメージになります。

 

Gスポットを刺激していると尿意を感じる女性もいます。

 

これは異常なことではなく膀胱の近くを刺激しているので、
むしろ正常なことなのですが失禁することを恥ずかしいと思い、
女性がGスポットを刺激してる途中で身体を動かして性感の高まりを抑えようとすると膣イキができなくなります。

 

尿意の後に最高の快感がくることを伝えて理解してもらい、
集中して膣イキの快感を得られるように導いてあげましょう。