夫婦間での「膣開発」は難しい?

 

この北条麻妃が教える【膣開発法】を
ご自分の奥様に試してみようという男性も多いと思います。

 

夫婦間での「膣開発」

 

最近、マンネリ気味だからな・・・
どうも、妻がセックスに積極的になってくれない・・・
あまり、満足させられていない気がする・・・
セックスレス気味になっている・・・
ひょっとしたら、妻は浮気をしているのではないか・・・

 

 

 

「膣開発」を試してみたい理由は様々だと思います。

 

夫婦間のセックスはいつでも出来る、とはいうものの
子供を作ることに目的が置かれたり、

 

夫側からすれば、なんといっても新鮮味にかけるので
「快感を追及する」ことにあまり貪欲になれないもの。

 

そのため特に妻側の快感が深く得られないことが多く
「膣開発」「膣オーガズム」とは無縁のセックスになってしまっている危険があるんですね。

 

あくまでも夫婦生活の中心は共同生活を営むことであって
セックスは生活習慣の中の一つの行動、
お互いの関係を維持するための道具という位置づけだからも知れません。

 

 

一般的に「夫婦間のセックスで、夫が妻を膣オーガズムに導くのは難しいといわれますが・・・

 

 

妻の快感を開発して、膣オーガズムに導く最低条件として

 

夫側に「妻を挿入で感じさせたい」という意欲がある
充分なペニスの硬さがある
ある程度の時間的な持続が可能

 

というごく当たり前の前提条件があるのですが、
それ以前の問題として

 

夫が妻を愛し、妻にも「愛されている」という実感があること
夫側が自分の射精を先に考えず、妻の満足を優先して考えること
妻の膣内のどこが一番感じる部分かを探求する意欲がある

 

という条件も必要だというのです。
これって、当たり前のようでなかなか難しいことですよね。

 

実際、こうした条件の全てを満たしていても、
夫婦間のセックスでは、妻が「膣オーガズム」に達する割合は50パーセント程度だといわれています。

 

夫婦間での「膣開発」

 

 

しかし、「北条麻妃が教える膣開発法」の方法を実践すれば
こうした条件のすべてがそろっていないとしても、かなり高い確率で
夫婦間のセックスで妻の膣開発と膣オーガズムを実現できるというのです。

 

 

 

それだけ、この方法が「体系的」に出来上がっているテクニックだということなんですね。

 

 

 

詳細はこちらで⇒ AV女優 北条麻妃が教える膣開発法